ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法

ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コアラ
こんにちは!コアラです!

今回は、ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法を解説していきます!

ダイバージェンスは一般的にトレンド収束の合図と言われています。

しかしダイバージェンスには、トレンド継続を示唆するヒドゥンダイバージェンスというものもあります。

この記事では、バイナリーオプションの勝率を高めるダイバージェンスについて、以下の内容で解説いたします。

  • バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは
  • ダイバージェンス発生のメカニズム
  • レギュラーダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い
  • ダイバージェンスの見つけ方・使い方
  • CCIを活用したダイバージェンス攻略法
  • RSIのダイバージェンスの注意点
  • MACDのダイバージェンスの注意点

なお、今回ご紹介するダイバージェンス以外のバイナリーオプションおすすめ攻略法は以下の記事にまとめておりますので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは

バイナリーオプションにおける「ダイバージェンス」とは、実際のローソク足の動きとオシレーター系インジケーターの動きが逆行している現象のことを言います。

代表的なオシレーター系インジケーターには、RSI、CCI、MACDなどがあります。

例えば上の画像ではローソク足の動きが上方向に推移しているのに対し、CCIは高値を切り下げています。

これがダイバージェンスの一例です。

トレンド中にダイバージェンスが発生した場合、トレンドの勢いが弱まっているサインとなり、その後相場が反転したり、レンジ相場になる傾向にあります。

バイナリーオプション攻略においてトレンド転換を予測する際に役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

関連記事バイナリーオプション攻略に役立つオシレーター系インジケーター6選

なぜダイバージェンスが起こるのか

なぜダイバージェンスが起こるのか

この項目では、ダイバージェンス発生のメカニズムについて解説致します。

ダイバージェンス現象が起こるオシレーター系インジケーターは、一定期間の値幅に対する直近値の位置やポテンシャルを計算し、チャートに示します。

つまり、相場の過熱感(買われ過ぎや売られ過ぎ)を表します。

トレンド発生中、値動きに勢いがあればオシレーター系の数値は上昇しますし、勢いがなくなればオシレーター系の数値は下がります。

ローソク足が高値(安値)を更新しているのにオシレーター系が逆の動きをしているということは、トレンドそのものの強さや勢いが弱まっているということです。

下の画像は下降トレンド中のローソク足とCCIを表示したものですが、トレンドの勢いが強い時はどちらも安値を切り下げていることが分かります。

つまりダイバージェンスは「トレンドの行き詰まり」を示すシグナルとなり、結果的にレンジ相場へ移行したりトレンド転換しやすいというわけです。

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスの使い方

バイナリーオプション攻略において、ダイバージェンスは「このトレンドはまだ継続するのか?反転するのか?」を判断する指標となります。

もちろんダイバージェンスが出たら必ずトレンドが収束するとはかぎりませんが、トレンド中に順張りを仕掛けているときなどに「そろそろ流れが変わるかもな」という準備が出来るため、負けを減らすことに繋がります。

関連記事トレンド反転・継続パターンを見極めてバイナリーオプションを攻略する方法

バイナリーオプション攻略によく用いられる有名なチャート理論 “ダウ理論”では、「高値と安値がそれぞれ切り上がっている時は上昇トレンドが継続し、高値と安値がそれぞれ切り下がっている時は下降トレンドが継続する」と定義づけられています。

しかし同時に「平均は相互に確認されなければならない」という理論も定義づけられています。

これは相関性のある2つの指標がトレンド発生を示すことで、明確なトレンドが判断できるということです。

関連記事バイナリーオプションをダウ理論で攻略!6つの基本原則とは?

ローソク足の動きだけでなくオシレーター系インジケーターの動きでもトレンド継続が確認できれば、順張りの根拠が高まります。

その判断に役立つのがダイバージェンスというわけです。

レギュラーダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い

レギュラーダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い

ここまで、ダイバージェンスはトレンド収束のサインと解説しましたが、実はダイバージェンスは大きく分けて2種類があります。

レギュラーダイバージェンス:トレンド収束のシグナル
ヒドゥンダイバージェンス:トレンド継続のシグナル

ここまで解説したのは通常のダイバージェンス(レギュラーダイバージェンス)です。

ヒドゥンダイバージェンスもレギュラーダイバージェンスと同じくローソク足とインジケーターが逆行する現象なのですが、トレンドの継続という異なる動きのシグナルとなるため、注意が必要です。

この2種類のダイバージェンスの違いは、見つけ方にあります。

以下より詳しく解説しますので、しっかり違いを理解しておきましょう。

レギュラーダイバージェンスの見つけ方

まずレギュラーダイバージェンスの見つけ方についてです。

バイナリーオプション攻略法におけるダイバージェンスの見つけ方

上昇トレンド:
ローソク足の高値同士の傾きとインジケーターの傾きを比較

バイナリーオプション攻略法におけるダイバージェンスの見つけ方

下降トレンド:
ローソク足の安値同士の傾きと、インジケーターの傾きを比較

レギュラーダイバージェンスの場合、「上昇トレンドは上に引く、下降トレンドは下に引く」と覚えておきましょう。

次に、ヒドゥンダイバージェンスの見つけ方を解説します。

ヒドゥンダイバージェンスの見つけ方

ヒドゥンダイバージェンスの見つけ方は以下の通りです。

上昇トレンド:
ローソク足の安値同士の傾きと、インジケーターの傾きを比較
下降トレンド:
ローソク足の高値同士の傾きと、インジケーターの傾きを比較

レギュラーダイバージェンスが高値同士(上昇トレンドの場合)に注目するのに対し、ヒドゥンダイバージェンスは安値同士に注目します。

上昇トレンド中の価格調整で、ローソク足は上昇しているがオシレーター系インジケーターが売られ過ぎを示しているので、上昇継続が継続・もしくはより強くなるだろうという考え方です。

バイナリーオプションにおいて、ヒドゥンダイバージェンスはトレンド継続中の押し目買い・戻り売りのポイントとして役立ちます。

関連記事バイナリーオプションで高勝率な順張りおすすめ攻略法

ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法

ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法

この項目では、ダイバージェンスを活用したバイナリーオプション攻略法をご紹介致します。

ダイバージェンスはオシレーター系インジケーターであれば大抵の場合使用可能ですが、今回はその中でも特にダイバージェンスと相性の良い「CCI」を使ったおすすめの手法をご紹介します。

攻略手順は次の通りです。

CCIのダイバージェンスを使った攻略法手順

  1. インジケーターを設定する
  2. トレンドを確認する
  3. ヒドゥンダイバージェンスを確認したらトレンド方向に順張りする
  4. レギュラーダイバージェンスを確認したらトレンド収束の準備をする

攻略手順①インジケーターを設定(CCI、移動平均線)

まず、インジケーターを設定します。

CCIは「挿入」→「インジケーター」→「オシレーター」→「Commodity Channel Index」で表示します。

設定は初期値のままです。(期間:14、適用価格:Close)

インジケーターCCIの使い方

詳細記事CCIを使ったバイナリーオプション攻略法

また、今回の攻略法はトレンド相場を狙いますので、トレンドを確認出来るインジケーターも使用します。

トレンドの確認方法は様々なものがありますが、期間の違う3本の移動平均線を表示してパーフェクトオーダーを確認する方法が、分かりやすくておすすめです。

今回は短期21日、中期50日、長期100日の移動平均線を設定します。

関連記事バイナリーオプションのパーフェクトオーダー攻略法

ダイバージェンス攻略手順②トレンドを確認する

次に、3本の移動平均線でトレンドを確認します。

上の画像では3本の移動平均線が全て上方向を向いている上昇パーフェクトオーダーが確認できます。

強い上昇トレンドと判断できますので、トレンド中の押し目ポイントを狙っていきます。

上の画像のように、トレンド中に一時的に下落し、ローソク足が短期移動平均線に触れた後は反発しやすいという特徴があります。

これだけでも押し目エントリーの判断に役立ちますが、今回はトレンド継続のシグナルとなるヒドゥン・ダイバージェンスを見つけてさらに勝率の高いポイントを狙っていきます。

関連記事移動平均線を使ったバイナリーオプション攻略法

ダイバージェンス攻略手順③ヒドゥンダイバージェンスを確認したらトレンド方向に順張り

上昇トレンドの場合、ヒドゥン・ダイバージェンスはローソク足とCCIの安値同士に注目します。

下の画像の様に、ローソク足は安値を切り上げているがCCIは安値を切り下げているような状態がヒドゥン・ダイバージェンスです。

ダイバージェンスに加え、ローソク足が短期移動線にタッチした後反発していることも確認できます。

トレンドが継続する可能性が高いと判断し、赤丸の部分でHIGHエントリーします。

取引時間は少し長め(15分〜)にするのがポイントです。

詳細記事バイナリーオプション15分取引攻略法

ダイバージェンス攻略手順③レギュラーダイバージェンスを確認したらトレンド収束の準備をする

この攻略法ではトレンド継続のシグナルが続く限り順張りを仕掛けますが、同時にトレンド収束のシグナルも見ることができるのがメリットです。

トレンド収束を示唆するレギュラーダイバージェンスは、ローソク足とCCIの高値同士に注目します。

下の画像では、ローソク足の高値同士は右斜め上に傾いているのに対し、CCIは右斜め下に向いています。

上昇トレンドの勢いが弱まっていると判断できるため、一旦順張りをストップします。

レギュラーダイバージェンスと併せて、他のトレンド反転シグナルも確認しましょう。

関連記事バイナリーオプション攻略に役立つトレンド系インジケーター3選

ダイバージェンスと併せて高勝率をキープするバイナリーオプション攻略法

ダイバージェンスと併せて高勝率をキープするバイナリーオプション攻略法

今回、2種類のダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法をご紹介致しました。

トレンド相場の順張りポイントが分からないという方は、ぜひご活用ください!

実は、今回の攻略法と併せることでさらに勝率が高まるとっておきの手法があり、それを現在期間限定で無料公開しております。

なお、この方法で初心者の方が月に200万円以上の利益を叩き出した事例もあります。

また、人数制限はありますが、バイナリーオプションに役立つ特典もご用意しておりますので、まずはどんなものかご確認ください。

はたけTVブログ専用LINE@に登録して豪華プレゼントを無料でGET!


【LINE@登録で2つのプレゼント】

  1. 最新投資手法
  2. バイナリー基本ガイドBOOK

※この情報はいつまで公開できるかわかりません。手に入れるなら今!お急ぎください。

【LINE@登録方法】

●スマホから閲覧の方
1. 上のQRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加
2. バイナリーオプションに役立つ以下4つのプレゼントを無料ゲット

●PCから閲覧の方
1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より上のQR画像を読み込んでください。

ダイバージェンスをバイナリーオプションで使う際の注意点

ダイバージェンスをバイナリーオプションで使う際の注意点

ダイバージェンスをバイナリーオプションで使う際、併用するオシレーター系インジケーターの特徴を掴むことが重要となります。

インジケーター次第では、次のようなことが起こる可能性があります。

  • 取引チャンスは多いが勝率が低い
  • 勝率が高い分取引チャンスが少ない

今回の攻略法に使用したCCIには次のようなメリットがあります。

CCIのダイバージェンスを活用するバイナリーオプション攻略法のメリット

  • 取引チャンスがそこそこある
  • 勝率も保てる

以下より、その他のオシレーター系インジケーターでダイバージェンス攻略法を活用する際の注意点について解説いたします。

RSIのダイバージェンスを使う場合の注意点

RSIを使う場合、他のインジケーターと比較すると取引チャンスが数多く現れます。

しかしその分、ダマシのダイバージェンスも多くなります。

RSIとダイバージェンスを併用して短期間で利益をあげたいと考えている方は、マーチンゲールで掛け金を変化させることも1つの手です。

(ただし、マーチンゲールはきちんと回数を決め、守りましょう。)

以下の記事で、マーチンゲールの仕組みと計算方法、注意点について詳細を解説しています。

詳細記事マーチンゲールを活用したバイナリーオプション攻略法

また、RSIの見方や使い方、RSIを使った他のバイナリーオプション攻略法については以下の記事で解説しています。

詳細記事RSIを使ったバイナリーオプション攻略法

MACDのダイバージェンスを使う場合の注意点

MACDのダイバージェンスを使う場合の注意点

MACDでダイバージェンスを利用する方も多いと思いますが、こちらは勝率が高い分取引チャンスが少ないです。

しかしMACDはオシレーター系インジケーターでありながらトレンド系インジケーターの要素が強いため、トレンドを掴む上ではおすすめのインジケーターです。

なお、MACDの見方や設定方法、MACDを使った他のバイナリーオプション攻略法は以下の記事にまとめておりますので、こちらも併せてご参考ください。

関連記事MACDを使ったバイナリーオプション攻略法

ダイバージェンスが起こるその他のインジケーター

RSIやMACD以外にも、ダイバージェンスは以下の様なインジケーターで確認することができます。

ダイバージェンス攻略法で安定して利益を上げるにはまずCCIでの取引をおすすめしますが、いずれも使いやすくおすすめのオシレーター系インジケーターです。

ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略法まとめ

コアラ
いかがでしたか?

今回、ダイバージェンスを使ったバイナリーオプション攻略法を解説しました!

慣れないうちはレギュラーダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスを見分けるのが難しいかもしれませんが、慣れるとトレンドを掴みやすくなるので非常におすすめです!

順張りの勝率を上げたいという方はぜひお試しください!

なお、今回のダイバージェンスのように、バイナリーオプション取引をする上で覚えるべき用語は沢山存在します。

基礎を理解し、最終的にはプロトレーダーレベルの裁量を身に着けたいという方は以下の記事にてバイナリーオプションの裁量を効率的に学べるサービスをご紹介しております。

インジケーターの知識だけでなく、初心者にとって大切な「メンタル管理」や「資金管理」についても学ぶことができるので、ぜひご覧ください!

裁量で勝率アップを目指すオンラインサロン『はたけ投資カレッジ』

「稼ぎながら学ぶ」というコンセプトの元、「はたけ投資カレッジ」が設立されました。

投資カレッジでは、バイナリーオプションとFXの攻略法等の裁量を実質無料で身に付けることが出来ます。

また、EAを無料プレゼントしており、EAで稼ぎながら、攻略法を学ぶ事が可能です。

既に2400人近い人たちにご参加いただいており、大変ご愛顧頂いております。

投資未経験の状態から入校し、月100万円以上稼げるようになったトレーダー達を多く輩出、効率的に投資の本質を学ぶことが出来ます。

そんなはたけ投資カレッジの詳細は以下よりご確認できます。

LINE登録お願いします!