バイナリーオプション逆張り攻略法

バイナリーオプション逆張り攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
はたけ

こんにちは!はたけです!

今回はバイナリーオプション逆張り攻略法について解説します!

逆張りは主にレンジ相場で使われます。

市場の7割以上はレンジ相場なので、逆張りを攻略することでバイナリーオプションの勝率が一気に上がります!

この記事では次の内容を解説します。

  • 逆張りとは?
  • 逆張りに適した時間帯
  • 逆張りと相性の良いインジケーター
  • 具体的な逆張り攻略法

なお、今回紹介する方法以外以外にも逆張りに有効な手法や、トレンド相場で使える順張り攻略法などは以下の記事にまとめておりますので、是非こちらもご参照ください!
詳細記事バイナリーオプションのおすすめ攻略法まとめ

バイナリーオプションの逆張りとは

バイナリーオプションの逆張りとは?

バイナリーオプションの取引方法は大きく分けて「順張り」と「逆張り」があります。

逆張りとは、現在の価格の流れとは逆方向にエントリーすることです。

攻略の基本的な考え方としては、相場の反発するポイントを見つけることが重要です。

バイナリーオプションの逆張りとは

そのため、一定の値幅で価格が動いている「レンジ相場」で有効な方法となります。

逆に価格が一方向に進むトレンド相場では、反発するタイミングの見極めが難しいため、逆張り手法は難しくなります。

以下の記事ではトレンド相場で有効となる「順張り」の説明や、具体的攻略法について説明していますので、是非こちらもご参照ください!
詳細記事バイナリーオプションの順張り攻略方法

バイナリーオプションの逆張り攻略法に適した時間帯

バイナリーオプションの逆張りに適した時間帯

先ほど解説したように、逆張りはレンジ相場で勝ちやすい手法ですので、レンジ相場になりやすい時間帯でバイナリーオプションを攻略しましょう。

おすすめの時間帯は、10:00〜15:00の間に、米ドル/円(USD/JPY)で取引することです。

バイナリーオプションの逆張りに適した時間帯

この時間はトレンドが発生しづらく、レンジ相場で推移することが多いです。

しかし、大きな経済指標発表時などはトレンドが発生することもあるので注意が必要です。

次の記事では特に注意すべき経済指標をまとめていますので、ご参考ください。

関連記事経済指標を活用したバイナリーオプション攻略法

また、バイナリーオプションでトレンドが発生しやすい時間帯については次の記事で解説していますので、併せてご覧ください。

関連記事バイナリーオプションを勝ちやすい時間帯で取引する攻略法

バイナリーオプションの逆張りと相性の良いインジケーター

バイナリーオプションの順張りと相性の良いインジケーター

ここで、バイナリーオプションの逆張りと相性のいいインジケーターを5つ紹介しておきます。

  • RSI
  • ボリンジャーバンド
  • エンベロープ
  • ストキャスティクス
  • CCI
  • ZigZag (ジグザグ)
  • MFI(マネーフローインデックス)

これらのインジケーターは単体で使うよりも、複数組み合わせて反転サインを読み取ることが攻略のポイントです。

特に、RSIと他のインジケーターの両方で逆張りのサインを読むことで、バイナリーオプションの勝率は高まります。

バイナリーオプションの逆張り攻略法

バイナリーオプションの逆張り攻略法

では、バイナリーオプションの逆張り攻略法について、具体的に解説していきます!

ここでは、次の攻略法を説明していきます。

  • ローソク足のパターンによる反発を狙った逆張り
  • ゴトー日を狙った逆張り
  • RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り
  • ストキャスティクスとエンベロープを使った逆張り
  • ZigZag(ジグザグ)を使って水平線ラインを引く逆張り
  • MFI(マネーフローインデックス)、移動平均線、RSIを使った逆張り
  • CCIとRSIを使った逆張り

ローソク足のパターンによる反発を狙った逆張り

1つ目のバイナリーオプション逆張り攻略法は、ローソク足により反転のタイミングを読む手法です。

「黒三兵」と「赤三兵」とは、ローソク足の組み合わせの読み名です。

黒三兵は陰線のローソク足が3本連続して出現した状態のことで、赤三兵は陽線のローソク足が3本連続して出現した状態のことです。

本来はそのまま値段が同じ方向に動くサインとなりますが、3本目のヒゲが長いときは反発する可能性が高くなります。

ローソク足のパターンによる反発を狙った逆張り

ローソク足のパターンによる反発を狙った逆張り

このポイントを見つけ、逆方向にエントリーする攻略法です。

以下の記事ではローソク足の黒三兵と赤三兵について詳細を解説していますので、是非こちらもご参照ください!
詳細記事高値圏、安値圏の逆張りはココ!?ローソク足で勝率アップ!

ゴトー日を狙った逆張り

次に紹介するバイナリーオプション逆張り攻略法は、毎月5の倍数がつくゴトー日を狙った手法です。
エントリータイミングとなる「仲値」が決まる時間は9時55分です。

仲値に向けてドル円のチャートは上昇し、9時55分に相場の上昇はピークを迎えます。

ピークを迎えた後、価格は下がる傾向にありますので、そのタイミングでLOWエントリーすると勝ちやすくなります。

ゴトー日を利用したバイナリー攻略法

具体的には次のような手順です。

ゴトー日を利用したバイナリーオプション攻略手順

  1. 通貨ペアはUSD/JPY
  2. 9時55分から5分取引or10分取引においてLOWエントリー

ただし、ゴトー日が土日祝日の場合、その前の金曜日がゴトー日になるのでお間違えのないように注意してくださいね!

以下の記事ではゴトー日攻略法の詳細や、2020年の最新ゴトー日カレンダーを掲載しておりますのでご参考ください。

関連記事ゴトー日を利用したバイナリーオプション攻略法

RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り

次に紹介するバイナリーオプション逆張り攻略法は、逆張りと相性の良いRSIとボリンジャーバンドを使用します。

2つのインジケーターで共に反転のシグナルが出ていたらエントリーをする手法です。

攻略手順としては次の通りです。

  1. レンジ相場であることを確認
  2. RSIとボリンジャーバンドを設定
  3. RSIが70か30の値を抜けたことを確認
  4. ローソク足の実体がボリンジャーバンドの±3σに触れたことを確認
  5. 逆張りでエントリー

RSIの表示は「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「RSI」で、設定はデフォルトでOKです。(レベルは30と70、期間は14)

ボリンジャーバンドの表示は「挿入」→「インジケーター」→「トレンド」→「Bollinger Bands」で、次のように設定します。

RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り

  • 期間:21
  • 偏差:3

図の赤枠の部分でサインが出ています。

RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り

RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り

エントリー条件は以下の通りです。

HIGH:ボリンジャーバンド-3σにタッチ、RSIが30の値を下抜け
LOW:ボリンジャーバンド+3σにタッチ、RSIが70の値を上抜け

今回使用したRSIの見方や使い方、RSIを使った他のバイナリーオプション攻略法については以下の記事で解説しています。

詳細記事RSIを使ったバイナリーオプション攻略法

ストキャスティクスとエンベロープを使った逆張り

次に紹介するバイナリーオプション逆張り攻略法は、ストキャスティクスとエンベロープという2つのインジケーターを使用します。

ストキャスティクスとは、「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するインジケーターで、RSIに似ていますが、ストキャスティクスの場合は2本の線の交わり方から反転タイミングを判断をします。

エンベロープはボリンジャーバンドと見た目も使い方もよく似ていますが、ボリンジャーバンドでネックだった「バンドウォーク」が無いのがメリットです。

攻略手順としては次の通りです。

  1. レンジ相場であることを確認
  2. ストキャスティクスとエンベロープを設定
  3. ローソク足がエンベロープの線に触れるのを確認
  4. ストキャスティクスのゴールデンクロス、デッドクロスを確認
  5. 逆張りでエントリー

ストキャスティクスの表示は「挿入」→「インジケーター」→「オシレーター」→「Stochastics Oscillator」で、次のように設定します。

ストキャスティクスとエンベロープを使った逆張り

  • +%K期間:14
  • +%D期間 :3
  • スローイング: 3

エンベロープの表示は「挿入」→「インジケーター」→「トレンド」→「Envelope」で、次のように設定します。

ストキャスティクスとエンベロープを使った逆張り

  • 適用価格:Close
  • 移動平均の種別:Simple
  • 期間:15
  • 偏差:0.05%

この設定は1分足と5分足のチャートに対応します。

図の赤枠の部分でゴールデンクロス、デッドクロスが発生しています。

ストキャスティクスとエンベロープを使った逆張り

エントリー条件は以下の通りです。

  • HIGH(ゴールデンクロス):
    20以下のエリアでSlow%KがSlow%Dを下から上に抜ける
  • LOW(デッドクロス):
    80以上のエリアでSlow%KがSlow%Dを上から下に抜ける

以下の記事では、今回使用したストキャスティクスの具体的な数値の見方などを解説しています。
詳細記事インジケーターストキャスティクスとは?バイナリーオプション逆張り取引攻略法!

ZigZag(ジグザグ)を使って水平線ラインを引く逆張り

次に紹介する逆張り攻略法は、ZigZag(ジグザグ)というインジケーターを使用します。

ZigZag(ジグザグ)を使うメリットは、一定期間内のローソク足の高値と安値が瞬時に判断できる点にあります。

エントリーの確実性を上げるため、さらにRSIを併せて使用することで勝率が上がりやすくなります。

攻略手順としては、次の通りです。

ZigZag(ジグザグ)を使用したバイナリーオプション攻略法攻略手順

  1. ZigZag(ジグザグ)を表示
  2. 水平線ラインを引く
  3. RSIの数値を確認する

ZigZagの表示方法は、MT4画面上部の「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」→「ZigZag」をクリックしてください。

ZigZag(ジグザグ)を使用したバイナリーオプション攻略法

基本的には初期設定の「12:5:3」の値でOKです。

ZigZag(ジグザグ)を使用したバイナリーオプション攻略法

次に、水平線ラインをZigZag(ジグザグ)の折返し地点をつなぐように引きます。

ZigZag(ジグザグ)を使用したバイナリーオプション攻略法

水平線にローソク足が触れた時点でその逆側にエントリーします。

以下の記事では、今回使用したZigZag(ジグザグ)の具体的な使い方や、攻略法をより詳しく解説しています。

詳細記事ZigZag (ジグザグ)を使ったバイナリーオプション攻略法

MFI(マネーフローインデックス)、移動平均線、RSIを使った逆張り

次に紹介する逆張り攻略法は、MFI(マネーフローインデックス)、移動平均線、RSIno
3つのインジケーターを使用します。

MFI(マネーフローインデックス)とは、「相場の中で資金がどのように動いていくか?」を予測してくれるインジケーターです。

ローソク足の動きから予測するだけでなく、出来高も考慮した上で数値を変動させているので、ローソク足の実際の動きとインジケーターの動きをよりリンクさせることが可能になります!

攻略手順は次の通りです。

MFIを用いたバイナリーオプション攻略法手順

  1. MFI、移動平均線、RSIのインジケーターを挿入
  2. 移動平均線でレンジ相場を探す
  3. MFIとRSIの数値を見てエントリー

MFI(マネーフローインデックス)は先ほど説明したのと同様に、「挿入」→「インディケータ」→「ボリューム」→「Money Flow Index」で表示します。(設定期間は14)

なお、MFI(マネーフローインデックス)の開発者は、「数値が10%以下の時と90%以上の時に絞るべきだ」と言い残しているため、レベル表示で設定します。

MFI、移動平均線、RSIのインジケーターを挿入

次に移動平均線を「挿入」→「Trend」→「Moving Average」で表示し、期間9に設定しましょう。

RSIの表示は「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「RSI」で、設定はデフォルトでOKです。(レベルは30と70、期間は14)

移動平均線でレンジ相場であることを確認したら、MFI(マネーフローインデックス)とRSIの数値を確認します。

MFIとRSIの数値を見てエントリー

  • HIGHエントリー:
    RSI値が30以下でMFI(マネーフローインデックス)が10%以下の場合
  • LOWエントリー:
    RSI値が70以上でMFI(マネーフローインデックス)が90%以上の場合

以下の記事では、今回使用したMFI(マネーフローインデックス)の具体的な使い方や、攻略法をより詳しく解説しています。

詳細記事MFI(マネーフローインデックス)を使ったバイナリーオプション攻略法

CCIとRSIを使った逆張り

次に紹介する逆張り攻略法は、CCIというインジケーターを使用します。

CCIは「買われすぎ・売られすぎ」の発生を表すオシレーター系のインジケーターです。

CCIとRSIを使った逆張り攻略法の手順は以下の通りです。

  1. レンジ相場であることを確認
  2. CCI値が+100以上(または-100以下)であることを確認
  3. RSI値が70以上(または30以下)であることを確認
  4. 逆方向にエントリー

CCIは「挿入」→「インジケーター」→「オシレーター」→「Commodity Channel Index」で表示し、レベル表示を次のように設定します。

CCIを使ったバイナリーオプション攻略法

CCIの設定

  • レベル表示:160、-160
  • 適用価格:close
  • 期間:14

RSIの表示は「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「RSI」で、設定はデフォルトでOKです。(レベルは30と70、期間は14)

CCIを使ったバイナリーオプション攻略法

上のチャート画像の黄色の丸部分で、RSIの値が30~70の範囲外で、CCIの値が160のラインを超えていることが確認できます。

  • HIGHエントリー:CCI値が-160を超えていてRSI値も30を下回っている時
  • LOWエントリー:CCI値が+160を超えていてRSI値も70を超えている時

以下の記事では、今回使用したインジケーターCCIの具体的な使い方や、攻略法をより詳しく解説しています。

詳細記事CCIを使ったバイナリーオプション攻略法

さらに勝率が高まるバイナリーオプション逆張り攻略法

バイナリーオプションの逆張りを攻略した後で使えるおすすめ手法

今回はバイナリーオプションの逆張り取引で有効となる攻略法をいくつか紹介しました。

実は併せて使うことで、さらに勝率を高めることのできるおすすめの手法があり、それを現在期間限定で、無料公開しております。

なお、この手法で初心者が月に200万円以上の利益を叩き出した事例もあり、非常に有効な手法です。

また、人数制限はありますが、バイナリーオプションに役立つ特典もご用意しておりますので、まずはどんなものかチェックしてみてください。

はたけTVブログ専用LINE@に登録して豪華プレゼントをGET!

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加
2. バイナリーオプションに役立つ以下4つのプレゼントを無料ゲット

・最新投資手法
・バイナリー自動売買ツール
・オリジナルインジケーター
・バイナリーオプション用語集

※この情報はいつまで公開できるかわかりません。
手に入れるなら今!お急ぎください。

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

バイナリーオプションの逆張りを攻略した後で使えるおすすめ手法

今回紹介した逆張り攻略法以外にも、バイナリーオプションには様々なインジケーターを利用した攻略法があります。

インジケーターによって特徴や機能は異なってきますので、しっかり理解した上で使い分け、勝率を高めていきましょう!

また、逆張りだけでなく順張りを攻略することで、様々な通貨ペアや相場に対応できることが可能です。

以下の記事では、逆張りにおすすめのインジケーターを使用した攻略手法や、順張りにおすすめの攻略手法も紹介しているのでぜひご活用ください!

詳細記事バイナリーオプションのおすすめ攻略法まとめ

バイナリーオプション逆張り攻略法まとめ

バイナリーオプション逆張り攻略法

はたけ
いかがだったでしょうか?

今回説明したように、市場の7割以上がレンジ相場と言われる中、短期取引メインのバイナリーオプションにおいて逆張りは有効な手法です。

逆張りを攻略できれば一気に稼ぎやすくなるので、是非今回ご紹介した攻略法を実践してみてください!

なお、現在期間限定で、バイナリーオプションで効率的に勝率を高めることが可能な、おすすめの攻略手法と、人数制限はありますが、バイナリーオプションに役立つツールも特典としてご用意しております!

ご希望の方は以下よりご請求ください!

↓↓ここから入手できます。↓↓

hatakeTVline@bannar

裁量で勝率アップを目指すオンラインサロン『はたけ投資カレッジ』

「稼ぎながら学ぶ」というコンセプトの元、「はたけ投資カレッジ」が設立されました。

投資カレッジでは、バイナリーオプションとFXの攻略法等の裁量を実質無料で身に付けることが出来ます。

また、EAを無料プレゼントしており、EAで稼ぎながら、攻略法を学ぶ事が可能です。

既に2400人近い人たちにご参加いただいており、大変ご愛顧頂いております。

投資未経験の状態から入校し、月100万円以上稼げるようになったトレーダー達を多く輩出、効率的に投資の本質を学ぶことが出来ます。

そんなはたけ投資カレッジの詳細は以下よりご確認できます。

LINE登録お願いします!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)