ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コアラ
コアラです!

今回は、ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法を紹介します!

ピンバーはローソク足の反転パターンとして有名です。

ピンバーを正しく読み解くことで、ダマシに引っかかりにくくなるなどメリットがいっぱいありますので、ぜひ攻略していきましょう!

なお、今回ご紹介するピンバー以外のバイナリーオプション攻略法は以下の記事にまとめておりますので、是非こちらもご参照ください!

バイナリーオプションのピンバー攻略法とは

バイナリーオプションのピンバーとは

ピンバーとはローソク足の形の一種です。

実体よりもヒゲが3倍以上長いもののことを指します。

ピンバーがチャートに現れることにより、相場転換が予測できます。

例えば、上昇トレンド時に「上に長いヒゲが伸びているピンバー」が出現したとします。

バイナリーオプションのピンバーとは

この場合のピンバーは、価格がさらに上がることにチャレンジしたが、そこで勢いは止まり、利確する人々によりここから相場は下降するということが読み取れます。

バイナリーオプションは為替相場の未来価格を予想する取引なので、市場心理を捉える必要があります。

「市場心理の利確」という点を指し示すものがピンバーなのです。

ピンバーの定義

ピンバーの定義

ピンバーの定義ははっきりと決まっているわけではありませんが、次のような時に反転する確率が高くなります。

  • ヒゲの長さが実体の長さより3倍以上あること
  • 実体の位置がヒゲの先端から20%〜30%以内にあること

ヒゲが長くても、実体の位置が真ん中にある場合は反転の確率が弱くなります。

ピンバーを使用したエントリー条件

ピンバーはトレンド中の逆張りシグナルとして使用することができます。

上ヒゲが短く、下ヒゲが長ければ、それだけ上に引っ張られる力が働いていることになります。

  • 下降トレンドで下ヒゲの長いピンバー発生:HIGHエントリー
  • 上昇トレンドで上ヒゲの長いピンバー発生:LOWエントリー

しかし、ピンバーのみを逆張りのサインとしてエントリーすることは危険なので、他のインジケーターと併せて、反転ポイントを読み解くことが攻略のカギです!

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

では、ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法について、説明していきます。

ピンバーが発生すれば必ず反転するわけではないので、今回はボリンジャーバンドを併せて、反転の根拠を深めます。

具体的な攻略手順は以下の通りです。

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

  1. ボリンジャーバンドの設定
  2. ピンバーの長いヒゲが3σを抜けていることを確認
  3. ピンバーのローソク足終値が2σと3σの間にあることを確認
  4. 逆向きにエントリー

まず、ボリンジャーバンドの2σと3σを表示します。

ボリンジャーバンドの表示は「挿入」→「インジケーター」→「トレンド」→「Bollinger Bands」で、次のように設定します。

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

ボリンジャーバンドの設定

  • 2σ:期間20、偏差2
  • 3σ:期間20、偏差3

ピンバーの長いヒゲが3σを抜けていることを確認し、さらにピンバーのローソク足終値が2σと3σの間にあれば、反転する確率が高くなります。

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法エントリー基準

  • ピンバーの長いヒゲが3σを抜けている
  • ピンバーのローソク足終値が2σと3σの間にある

ローソク足がボリンジャーバンドの±3σ内に収まる確率は約99.7%と言われており、ピンバーのローソク足とヒゲがボリンジャーバンドのどの位置にあるかで反発サインとして根拠が強まるのでおすすめの攻略法です。

以下の記事では、ボリンジャーバンドの基本的な使い方を解説していますのでぜひご覧ください。

詳細記事ボリンジャーバンドを使ったバイナリーオプション攻略法

また、さらに逆張りの判断としてRSIを使うことも有効的です。

RSIの見方や使い方、攻略法については以下の記事で解説しています。

詳細記事RSIを使ったバイナリーオプション攻略法

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法注意点

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法注意点

「ピンバーが出現すると相場が反転するサイン」であると上述しました。

しかし、例外もあります。

ピンバーが高値圏、底値圏で出現した場合は価格が止まり相場の反転するサインになります。

しかしそうではない中間圏で出現した場合はダマシになってしまいます。

ピンバーが中間圏でよく現れる例として、レンジ相場が挙げられます。

中期移動平均線の近くではピンバーが多数出現します。

このダマシに乗り短期足に対して逆張りエントリーをすると、有効性のない取引となります。

エントリーの際はピンパー以外のインジケーターで反転サインを読み解き、条件が満たされていることを必ず確認しましょう。

なお、バイナリーオプションにおいて、ピンバーはサインツールと併用することで効果的に働きます。

以下の記事では、高勝率なおすすめツールをまとめて紹介していますので、さらなる勝率アップを目指している方はぜひご覧ください。

ピンバーと併せて高勝率をキープするバイナリーオプション攻略法

ピンバーと併せて高勝率をキープするバイナリーオプション攻略法

今回、ピンバーとボリンジャーバンドを使用したバイナリーオプション攻略法をご紹介致しました。

実は、ピンバーと併せることで、さらに高勝率をキープできるおすすめの攻略法があり、現在はたけTV公式ライン@にて、期間限定で無料公開しております。

この方法で初心者の方が月に200万円以上の利益を叩き出した事例もあります。

また、人数制限はありますが、バイナリーオプションに役立つ特典もご用意しておりますので、まずはどんなものかご確認ください。

はたけTVブログ専用LINE@に登録して豪華プレゼントを無料でGET!


【LINE@登録で2つのプレゼント】

  1. 最新投資手法
  2. バイナリー基本ガイドBOOK

※この情報はいつまで公開できるかわかりません。手に入れるなら今!お急ぎください。

【LINE@登録方法】

●スマホから閲覧の方
1. 上のQRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加
2. バイナリーオプションに役立つ以下4つのプレゼントを無料ゲット

●PCから閲覧の方
1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より上のQR画像を読み込んでください。

ピンバー以外のバイナリーオプションおすすめ攻略法

ピンバー以外のバイナリーオプションおすすめ攻略法

今回ご紹介したピンバー攻略法以外にも、バイナリーオプションの勝率アップのために覚えておくべきローソク足パターンは数多く存在します。

また、今回の攻略法のように、ローソク足のみでエントリーするのではなく、インジケーターを併せてエントリーポイントを判断することがとても大切です。

以下の記事では、特におすすめのバイナリーオプション攻略法をまとめております。

関連記事バイナリーオプションのおすすめ攻略法まとめ

また、今回のピンバーはバイナリーオプションで最低限覚えるべきローソク足パターンです。

ローソク足を始め、インジケーターの使い方など、覚えるべき内容は数多くありますが、何から勉強したらいいのか分からないと言った方も多いと思います。

基礎を理解し、最終的にはプロトレーダーレベルの裁量を身に着けたいという方は、以下の記事にて実質月額費無料で利用できるバイナリーオプションの裁量が学べるサービスをご紹介しております。

インジケーターの知識だけでなく、初心者にとって大切な「メンタル管理」や「資金管理」についても学ぶことができるので、ぜひご覧ください!

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法まとめ

ピンバーを使ったバイナリーオプション攻略法まとめ

コアラ
いかがでしたか?

今回はローソク足「ピンバー」を活用したバイナリーオプション攻略法をご紹介致しました!

上記の通りピンバーでバイナリーオプションを攻略する場合は、高値と安値で出現していることがポイントです!

高値と安値でピンバーが出現する回数はあまり見られないので、適当にエントリーしないように気をつけてくださいね!

裁量で勝率アップを目指すオンラインサロン『はたけ投資カレッジ』

「稼ぎながら学ぶ」というコンセプトの元、「はたけ投資カレッジ」が設立されました。

投資カレッジでは、バイナリーオプションとFXの攻略法等の裁量を実質無料で身に付けることが出来ます。

また、EAを無料プレゼントしており、EAで稼ぎながら、攻略法を学ぶ事が可能です。

既に2400人近い人たちにご参加いただいており、大変ご愛顧頂いております。

投資未経験の状態から入校し、月100万円以上稼げるようになったトレーダー達を多く輩出、効率的に投資の本質を学ぶことが出来ます。

そんなはたけ投資カレッジの詳細は以下よりご確認できます。

LINE登録お願いします!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)