【ストライクトレード徹底攻略】レンジでの逆張りが鉄板!

【ストライクトレード徹底攻略】レンジでの逆張りが鉄板!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はたけです!

バイナリーではトレード方法で大きく分けて

「順張り」「逆張り」2つがありますが

どっちがいいのかって言われると

・・・・結構難しいですよね笑

 

ただ僕はストライクトレードをよく使うので

最近は逆張りの方が安定してます!笑

まあストライクトレードは逆張りのツールですし、

裁量も逆張りのほうが得意なんですよね。

 

やっぱり逆張りでよく見るのがボリンジャーバンドです。

特にに現在の値がタッチした時!

 

ボリンジャーバンドを構成する線ですが、

簡単に言えば「値動きはこの範囲に収まる」というサインになります。

収まる確率は、

  • +1σ、-1σのバンド内に収まる確率=約68.3%
  • +2σ、-2σのバンド内に収まる確率=約95.5%
  • +3σ、-3σのバンド内に収まる確率=約97.7%

相場がレンジ状態の時に、この補助線にタッチした場合には

高確率で反転のタイミングです。

ここに更にストトレのサインが出ればもう鉄板ですよね!

 

ただ、ボリンジャーバンドというのは安易に反発を狙うインジケーターではないので、

その点だけは誤解しないように気をつけてください。

ボリンジャーバンドはどちらかというとトレンドを見極めるインジケーターです。

順張りのためん使うってことですね。

これは考案したジョンボリンジャーさんも言っています。

だからボリンジャーバンドに当たったからといって、バンドウォーク中では反発してこないことが多いので

その際にストライクトレードのサインが出ても無視です!

先ほど言った通り、レンジ相場であれば反発狙いは使えます!

 

それに以前話したオシレーター系インジケータの

RSI・ストキャス・MACDも併用すると

レンジなのかトレンドなのかという見分けもできてきます。

 

既にストトレで勝っている人のほとんどが

この手法を取り入れているので

ぜひ皆さんもチャレンジしてほしいです!

 

まだストライクトレードを体感してない方は

下記から確認してください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://va-awa.com/striketrade_h/

LINE登録お願いします!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)