ローソク足で相場の動きが紐解ける!?

ローソク足で相場の動きが紐解ける!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは取引をする際に、

何を重視して取引していますか?

 

僕はローソク足、

プライスアクションを重視しています。

 

ローソク足を極めることで、

勝率を上げることが可能です。

 

今回はシンプルなプライスアクションの

基礎〜手法までわかりやすく解説します。

 

ローソク足は聞いたことがあっても

プライスアクションは耳慣れないかもしれませんね。

 

そこでまず

プライスアクションとはなにか

というところからお伝えします。

 

簡単に言うと

プライスアクションとは

ローソク足の形を

エントリーの根拠にする手法のことです。

 

ローソク足の形にはいくつかのパターンがあります。

これを覚えておけば

「こんな状況でこういう形だから次の足でHIGHエントリーしよう!」

だとか

「このローソク足のパターンが出ているから

サインが出ているけどエントリーは回避しておこう!」

なんていう判断ができるわけです。

 

僕が普段エントリーをするロジックも

このプライスアクションが決め手になっています。

 

今回は数あるプライスアクションの中から

最も見つけるのが簡単で初心者向きな

2つのパターンを紹介します。

 

 

①「抱き線(包み線)」

先ずは画像をご覧ください。

小さなローソク足の直後の大きなローソク足に

ヒゲ・実体がすっぽりと収まっている形です。

2本目のローソク足に注目し、

大陽線であれば買いの勢いがつよいと判断でき、

大陰線であれば売りの勢いがつよいと判断できます。

 

下降トレンドの時に陽線のパターンが出てくると

上昇に転換しやすいですし、

 

上昇トレンドの時に陰線のパターンが出てくると

下落に転換しやすいです。

 

②「はらみ線」

画像をご覧ください。


画像をご覧いただければお気づきかと思いますが、

はらみ線は抱き線の逆のパターンです。

 

大きなローソク足が直後の小さなローソク足に

ヒゲ・実体がすっぽりと収まっている形です。

 

大陽線直後に陰線だった場合は下落に転じる可能性が高く、

大陰線直後に陽線だった場合は上昇に転じる可能性が高いと判断できます。

 

上記のローソク足の形でエントリーポイントを判断し、

取引の勝率を高めて利益を出していくことができます。

是非、このパターンを知らなかった方は、

これを機に覚えてみてください!

 

今回の内容を動画で見たい方はコチラ↓

初心者が最高で月200万を叩き出したツールの情報を公開してるので、一度ご覧になってください

↓↓ここから入手できます。↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE登録お願いします!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)