バイナリーオプションツール忍システム検証

バイナリーオプションツール忍システム検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
はたけ
こんにちは!

はたけです!

僕は、日々、ツールの検証を行っています!

そして今回!

バイナリーオプションツール「忍システム」で実際に取引してみました!

忍システムの仕様や機能などはコチラでご紹介しております!

バイナリーオプションツール「忍-Shinobi-システム」とは?

ツールご購入をお考えの方は、このツールも候補の1つとして挙がっているのではないのでしょうか?

そんな、「本当に勝てるのか?」と疑問に思っている方のために、その検証結果ご紹介します!

是非最後までご覧になって下さい!

なお、おすすめのツールはコチラの記事にて詳細解説しておりますので併せてご参照ください!

バイナリーオプションツールとは?おすすめと詐欺ツールを紹介!

バイナリーオプションツール「忍システム」検証

バイナリーオプションツール「忍システム」検証

忍システムを使って次の3つのパターンの相場で実際に取引をしてみました。

  1. レンジ相場
  2. トレンド相場
  3. ファンダメンタルズ要因による急変動した相場

その検証結果をご紹介致します。

レンジ相場での検証

レンジ相場で、忍システムを取引してみました。

この取引では、移動平均線が平行に近い形になっているのを基準に判断し取引していきます。

実際に取引してみると、レンジ相場での高値・底値付近でシグナルが出た際、エントリーすると高勝率で勝つことができます。

忍システムは、逆張りロジックによって作られているため、逆張りで勝率の高いレンジ相場にエントリーポイントを絞ることで総体的な勝率を高めることが可能となります。

また、レンジ相場の高値・底値付近でシグナルが出る確率が高いです。

そういった場合、積極的にエントリーしていきましょう。

また、忍システムは、3回目までマーチンゲールをした際の勝率を表示してくれます。

しかし、マーチンゲールはすればするほど利益は小さくなる為、3回以上のマーチンはNGです。

3回してしまうとほぼ利益はない為、マーチンは2回までに抑えるようにしましょう。

そして、忍システムの勝率は、マーチンゲール込みで表されています。

2回のマーチンゲールを行うことで忍システムの勝率80%を再現することが可能となります。

トレンド相場での検証

次に、トレンド相場でエントリーしてみました。

忍システムでは、トレンド相場でもエントリーポイントがあります。

トレンド相場と言えば、順張りですが、忍システムのもう一つのロジックは、「押し目を作る際の逆張り」を採用しています。

上昇トレンドが発生している場合、一時的に価格が下降したポイントを狙ってシグナルが出る仕様です。

このロジックもまた、有効とされているため、積極的にエントリーしてもよいでしょう。

ファンダメンタルズ要因により急変動した相場での検証

最後に政府要人発言後の相場を想定した取引についてです。

政府要人の発言の後、相場に起こる変化としては、上下どちらかに急激なトレンドが起こる可能性が高いです。

忍システムから見るとこの状況は好ましくなく、マーチンゲールを行っても負ける確率可が高いです。

実際に忍システムを使った取引動画などありますが、負ける時は、急激なトレンドができ、ローソク足が長く伸びているときが多いです。

これは、忍システムのロジックは逆張りであるため、順張りにふさわしい場面では、勝率を伸ばせないことが原因です。

特に政府要人の発言のあとは押し目を作らずにトレンドが形成されますので、マーチンゲールの手法が効果を発揮しなくなってしまいます。

その為、政府要人の発言後は、シグナルが出たとしても、エントリーしないようにしましょう。

相場に大きく影響を与えるような政府要人発言後などは、ファンダメンタルズ分析によって、いち早く情報を仕入れましょう。

それが最も忍システムを有効活用できる方法です。

忍システム検証で判明した問題点

忍システム検証で判明した問題点

忍システムは、3回のマーチンゲールを推奨しています。

その為、使用の際はマーチンゲールをすることになります。

このためトレンドが予想外に強かった場合、押し目を少ししか作らず3回ともマーチンゲールが失敗してしまう可能性が高いです。

マーチンゲールを3回失敗するということは、最初の取引金額の15倍の金額を一気に失ってしまうということを意味します。

このことから、仮に忍システムの勝率が90%と表示されている場合においてもマーチンゲールはリスクを伴います。

例えば、勝率90%の表示を見て、取引を続けたと仮定します。

10回に9回は資金が増えますので、最初の取引金額の9倍の資金が増える計算です。

しかし、残りの1回で最初の取引金額の15倍を失うことなります。

結果的には最初の取引金額の6倍を失う計算です。

つまり、レンジ相場より勝率が悪くなる可能性の高いトレンド相場ではマーチンゲールを控えるべきです。

しかし、現在こういった忍システムにある弱点を克服したアップグレードしたツールがあります。

そのツール情報についてはこちらよりご確認頂けます。

はたけ監修!バイナリーオプション最新ツール「HTKプレミアムツール」とは?

バイナリーオプションツール「忍システム」の検証まとめ

バイナリーオプションツール「忍システム」の検証まとめ

はたけ
いかがでしたでしょうか?

バイナリーオプションツール「忍システム」を使った取引をご紹介しました!

「忍システム」は、2つのロジックからなるため、トレンド相場とマーチンゲールにさえ注意すれば、十分通用するツールです!

使い方次第では、購入するメリットは十分にあると思います!

しかし、注意していただきたいのは、バイナリオプション初心者の方です!

初心者の方は、ファンダメンタルズ分析の方法、シグナルが出ているけれど負けてしまいやすい状況等が経験がない為、わからないからです!

シグナルに反応して取引し、勝ち続けられるのであれば良いですが、マーチンゲールは失敗してしまうとすぐに資金を減らしてしまいます!

リスクを軽減するためにもある程度の知識・裁量を得てから「忍システム」を購入しましょう!

しかし、どうしても中にはそういった勉強が苦手な方もいることかと思います!

そして、忍システムのリスクをあるロジックを加えることで、弱点を克服したツールがあります!

その初心者の方でも簡単に利用できるツール情報を現在期間限定で無料公開しております!

また、人数制限はありますが、併せて使える手法とバイナリーオプションに役立つツールもご用意しておりますので、まずはどんなものかチェックしてみて下さい!

↓↓ここから入手できます。↓↓

hatakeTVline@bannar

LINE登録お願いします!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)