バイナリーオプションツールrescueとは?

バイナリーオプションツールrescueとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
はたけ
こんにちは!

はたけでございます!

バイナリーオプションツール「rescue」について詳細が気になる方は既に多いのではないでしょうか?

今回その真相をご説明させていただきます!

バイナリーオプションツールrescueとは?

バイナリーオプションツールresucueとは?

rescueは、バイナリーオプションのサインツールです。

「加藤エル」氏が開発・販売しております。

加藤エル氏と言えば、セミナーを含め、ユーチューブやブログなどでバイナリーオプションに関する情報を発信していることで有名です。

バイナリーオプションをされている方ならば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

rescueの特徴

resucueの特徴

バイナリーオプションツール「rescue」は、人工知能を搭載したサインツールです。

勝率はマーチンゲール無しで70%と説明されています。

MT4にrescueを挿入すると、上下に赤い帯が出現します。

この赤い帯内を自動計算し、エントリーポイントを発見する仕組みです。

従来のサインツールのように逆張りをするわけではなく、相場に関係なく独自のロジックにより、サインを出すツールと言えます。

また短期取引の場合、サインが出る頻度は平均して1時間に2回から3回程度です。

rescue のメリット

resucue のメリット

rescueを使用するメリットは何があるのでしょうか?

主なメリットは人工知能が搭載されている点と勝率が挙げられます。

  • 人工知能が搭載
  • マーチンゲールなしの勝率

人工知能搭載

バイナリーオプションツールrescue最大のメリットは、人工知能が搭載されている点です。

従来のサインツールには人工知能は搭載されていませんでした。

その為、サインツールとしてその性質は異なります。

従来のサインツールの場合、ロジックを組み合わせてアルゴリズムを作り、サインを表示させるというシステムが採用されていました。

その為、経済指標発表後と言ったツールのロジックが通用しない相場に遭遇した際、連続して負けてしまうということがありました。

経済指標発表後は、通常の相場に対してのロジックが通用しない、またトレンド相場が発生しやすいということからアルゴリズムによってエントリーサインが出るサインツールでは連敗しやすいです。

逆張りロジックを採用していることが多いサインツールにとっては、全く適していない相場であってもエントリーサインが出てしまうのです。

しかし人口知能が搭載されているrescueの場合、組み込まれたロジックでエントリー条件が満たされていたとしても過去の勝率が悪いような場合ではエントリーサインを見送ります。

人工知能は過去の事象から最適なエントリーポイントを提示するため、エントリーサインが出たら負けてしまうかもしれないという精神的ストレスを感じずにエントリーすることが可能です。

マーチンゲールなしの勝率

バイナリーオプションツールrescueでは、マーチンゲールを行わなくても勝率が70%程度とされています。

もし実際にrescueを使用して勝率70%を出せるのであれば、これはかなり高い勝率であると言えます。

バイナリーオプションは勝率の期待値が50%であり、ペイアウト率を考えると勝率55%程度が損益分岐点の平均だと言われています。

それはバイナリーオプション業者のペイアウト率にもよりますが、1つの目安とされています。

そのため勝率55%以上をだすことができれば、継続して利益を出していけると考えることができるのです。

そして勝率70%があれば、加速度的に資金をふやしていけると考えられます。例えば勝率70%、ペイアウト率1.9倍で考えます。

その場合10,000円ずつエントリーしても、10回エントリーしたときの利益の期待値は33000円です。

1時間に2回エントリーチャンスがあったとして、5時間で30,000円以上を稼ぐことができます。

そしてマーチンゲールなしで勝率が70%ということは、複利を聞かせて少しずつ賭け金をあげていくことができます。

例えば資金の10%を賭け金として、それを10回1セットでやるなどです。

最初の10回は同じ額でエントリーし、次の10回を始めるときに賭け金を計算し直してからまた10回エントリーするということです。

こうすることにより次々と資金を増やしていけますのでこの高い勝率は大きなメリットだと言えます。

rescue のデメリット

resucue のデメリット

メリットが多いrescueですが、もちろんデメリットも存在します。

それは、加藤エルさんとは何者であるかが不透明であるという点です。

加藤エルさんが色々な活動をしている人物だということは前述の通りですが、実際に会社がどこにあるなどといった情報はありません。

つまり、販売会社を介さない、「個人」での販売となり、オプザイル同様、トラブルがあった際の保証が全くありません。

そんなデメリットもあるrescueですが、このデメリットすらもないおすすめのツールについてはこちらの記事をご参照ください。

バイナリーオプションツールとは?おすすめと詐欺ツールを紹介!

バイナリーオプションツールresucueのまとめ

バイナリーオプションツールresucueのまとめ

はたけ
いかがでしたか?

今回、rescueについて解説致しました!

rescueはサインツールには珍しく人工知能搭載型です!

しかし、現在rescueよりも高勝率なツール情報を期間限定で無料公開しております!

併せてバイナリーオプションで使えるツールも特典としてお渡ししておりますので、まずはどんなものかチェックしてみてください!

↓↓ここから入手できます。↓↓

hatakeTVline@bannar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE登録お願いします!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)