バイナリーオプションにおける「ダイバージェンス」とは?ダイバージェンスで攻略

バイナリーオプションにおける「ダイバージェンス」とは?ダイバージェンスで攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
はたけ
こんにちは!

はたけです!

「ダイバージェンス」ってご存知ですか?

このダイバージェンスを利用することで、バイナリーオプションの勝率を高めることが実はできるんです!

今回、バイナリーオプションにおけるダイバージェンスについて詳しく解説していきます。

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは?

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、元来FXで使われる用語となりますが、バイナリーオプションでも逆行現象が起きた際に使われており、実際のローソク足の動きとオシレーター系インジケーターの動きが逆行していることを指します。

バイナリーオプションにおいて、ダイバージェンスがよく起こる例として、RSIが挙げられます。

RSIの値が、70付近からどんどん下がってくるのに対して、ローソク足の動きは上方向に推移している場合などがRSIのダイバージェンスの一例です。

ダイバージェンスが起きるとその後相場は反転しやすいと言われています。

オシレーター系インジケーターは市場心理を表しており、ローソク足の動きと逆行した場合、相場と市場心理が反対になっているため、相場が反転する可能性が高いと言うことです。

ダイバージェンスを使ってバイナリーオプション攻略

ダイバージェンスを使ったバイナリーオプション攻略法

この項目では、ダイバージェンスを活用したバイナリーオプションの取引手法についてご紹介致します。

ダイバージェンスは、オシレーター系インジケーターであれば大抵の場合使用可能です。

そして、その中でも特に「CCI」がおすすめです。

CCIを使った攻略手法

ダイバージェンスを使ったバイナリーオプション攻略手法ですが、オシレーター系インジケーター「CCI」が相性が良いです。

取引手順ですがは、次の通りになります。

  1. CCIの頂点を結んで線を引く
  2. 線の傾きがローソク足のトレンドと逆行している場合トレンドに対して逆張り

下の画像ではCCIの頂点同士を結ぶと右斜め上方向の直線になっています。

CCIの頂点同士を結ぶ線

上の画像だと、下落相場の場合、ダイバージェンスが起きていることとなります。

つまり、「High」でエントリーすべきと判断できます。

相場が上下どちら方向に推移しているか見分けるためには、短期移動平均線と中期移動平均線をチャートに設置し、その傾きを見ることで判断できます。

短期移動平均線と中期移動平均線の距離によってトレンドの強さを知ることができ、移動平均線同士の距離が遠ければ遠いほど強いトレンドが発生していることになります。

ダイバージェンスを活用した手法は逆張りとなります。

その為、移動平均線同士が遠く、トレンドが強過ぎる場合、ダイバージェンスがダマシである確率が高いです。

その場合、取引は見送り、移動平均線同士の距離が比較的近い場合のトレンド相場に絞って取引しましょう。

ダイバージェンスをバイナリーオプションで使う際の注意点

ダイバージェンスをバイナリーオプションで使う際の注意点

ダイバージェンスをバイナリーオプションで使う際、併用するオシレーター系インジケーターの特徴を掴むことが重要となります。

インジケーター次第では、次のようなことが起こる可能性があります。

  • 取引チャンスは多いが勝率が低い
  • 勝率が高い分取引チャンスが少ない

こうした状況をふまえると、次のようなメリットのある上記で解説したCCIを使うのがおすすめです。

  • 取引チャンスもそこそこある
  • 勝率も保てる

RSIを使う場合

RSIを使う場合、他のインジケーターと比較すると取引チャンスが数多く現れます。

しかし、その分、ダマシのダイバージェンスも多くなり、勝率がそこまで高く保つことができません。

つまり、取引チャンスが多くても勝率を高く保つことができませんので、バイナリーオプション業者の還元率次第では、全く利益率があがらない可能性もあります。

RSIとダイバージェンスを併用して短期間で利益をあげたいと考えている方は、マーチンゲールで掛け金を変化させるようにしましょう。

MACDを使う場合

MACDでダイバージェンスを利用する方も多いと思います。

しかし、こちらは勝率が高い分取引チャンスが少ないです。

この手法のみで継続的に利益を出すことを考慮すると、チャートに張り付く必要があります。

MACDを併用して勝率を高く保ちたい方は、各取引の際金額を増やしてみるようにしましょう。

これにより、それぞれリスクは取りますが、ハイリターンを期待することが可能です。

この手法は、リスクが高いので、安定して利益を上げるには、まずCCIでの取引をおすすめします。

ダイバージェンスまとめ

はたけ
いかがでしたか?

今回、バイナリーオプションにおける「ダイバージェンス」について解説しました!

RSIやMACDをダイバージェンスと併用することにより、取引に変化をつけることができますが、慣れるまでは無難なCCIで経験を積むことをおすすめです!

ダイバージェンスは、移動平均線とオシレーター系インジケーターのみで取引できる手法です!

シンプルな手法をお探しの方は、是非試してみてください!

なお、現在期間限定で、初心者でも簡単に実践できるおすすめのバイナリーオプション攻略手法を無料公開しております!

こちらの手法で初心者の方でも月に200万円以上の利益を叩き出した事例もあります!

また、人数制限はありますが、バイナリーオプションで使えるツールも無料プレゼントしておりますので是非どんなものかご確認ください!

↓↓ここから入手できます。↓↓

hatakeTVline@bannar

LINE登録お願いします!

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)